育毛

頭皮細胞を活性化

ハーグ治療は頭皮細胞の働きを活性化させて薄毛を改善します。毛根に髪の毛を作る力が残っていれば加齢で髪の毛が減った人や進行したAGAの人でも治療を受けられます。特に若い人は細胞が活性化しやすいので治療効果が早くでます。発毛率も高い上、一度髪の毛が生え揃ったら治療をやめても効果が持続します。

男性

副作用を把握しよう

長期間の服用を必要とするAGA治療では、ザガーロの副作用を気にする人は多いでしょう。医薬品である以上はある程度の副作用はどんな薬でもあります。ザガーロでは発症率が高い副作用でも10%程度となっています。大阪のクリニックを活用して、ザガーロでの治療を始めてみてはいかがでしょうか。

メンズ

早めに受診する

神戸のヘアクリニックでは医学的な根拠に沿ってAGA治療が行われています。治療ではフィナステリド系やデュタステリド系の薬で症状の進行をストップさせて、ミノキシジル系の薬で発毛を促すという方法が取られています。治療効果は3ヶ月から6ヶ月程度となっています。効果が現れるまで根気よく行なっていきましょう。

豊かな髪のために

ヘアケア用品

髪の悩みといえば男性のものと思われがちですが、女性でも薄毛に悩む人は多いです。育毛剤はいろいろな会社からいろいろなタイプのものが売られています。しかし、何を選んでも効果があるというものではありません。女性の薄毛の原因と男性の薄毛の原因は異なります。そのため、女性には女性用の育毛剤を選ぶ必要があります。薄毛になる女性特有の原因は、ホルモンバランスの乱れです。閉経によって体内の女性ホルモンが急激に減ることで、女性の身体は様々な不調に陥ります。薄毛もその1つとなるのです。。なので、女性ホルモンと似たような働きを持つ成分が含まれている育毛剤がおススメです。また、髪が細くなる原因として、栄養が上手く髪に行き渡らないということが挙げられます。血管が細くなって頭皮の血液の量が少なくなっていたり、食習慣の乱れから血液の中の栄養が薄くなっていたりすると良くありません。育毛剤には髪に必要な栄養成分が入っています。髪を育てるためには、栄養不足にならないように育毛剤を持続的に使う必要があります。女性はホルモンバランスの乱れが原因で薄毛になるので、出産前後に薄毛に悩むケースも珍しくありません。しばらくしてホルモンバランスが整ってくれば、徐々に髪の毛も戻ります。しかし、それまでの間髪が抜け落ちていくのは辛いものがあります。その際には、胎児や赤ちゃんに影響がないように作られている育毛剤を利用することをおススメします。育毛剤を使用するときは、必ず髪を清潔にした状態にします。汚れや皮脂があれば、それだけ育毛剤の成分が頭皮にしみ込むのを阻害してしまうからです。塗って次の日に効果が出るものではないので、地道に使い続けることが大切です。