副作用を把握しよう

男性

副作用はどんなものがある

大阪にはザガーロを処方してくれるクリニックはいくつかあります。大阪でのクリニックで気になる費用ですが、1ヶ月分で安いとこでは9,250円、高いところでも1万500円程度です。この程度の費用であれば継続して治療を続けることができるのではないでしょうか。費用に問題ないとすれば、次に気になるのが副作用です。医薬品である以上はある程度の副作用はあります。しかし、AGA治療としてザガーロを服用する場合には、長期間の服用が必要になり、副作用を気にする人は多いでしょう。このザガーロの副作用としては、勃起不全や生殖系・乳房障害などがあります。また精神障害や胃腸障害、人によっては消化不良や貧血など、意外に多くの副作用があります。これだけの副作用があると本当に服用しても大丈夫なのかと心配になってしまいます。しかし、最も発生率の高い勃起不全や生殖系・乳房障害でも10%程度で、この副作用には注意が必要ですが、それ以外の副作用の発症率は10%以下となっています。この発症率からも大きな心配はないと考えることができるのではないでしょうか。ただ、副作用の心配が少ないからといって用量は守る必要があります。この副作用はあくまでも適切な用量を服用した場合での発症率です。ザガーロはドラッグストアや薬局では販売しておらず、大阪にあるクリニックのように取り扱っているところで処方してもらう必要があります。大阪で利用しやすいクリニックを選んで、プロペシアよりも効果的なザガーロによる治療を始めてみてはいかがでしょうか。