早めに受診する

メンズ

髪が薄くなってきたという現実は目をそむけたくなるものですが、AGAは進行性であるため問題を先延ばしにするのは状況をより悪化させるだけです。髪の変化に気づいたときは問題から逃げずに、まずは医療機関で相談しましょう。なぜならヘアクリニックで相談すればAGAは治療できるからです。AGAの発症要因には男性ホルモン・遺伝・生活習慣などが関係します。これらの要因がトリガーとなることで体内にDHTとよばれる脱毛促進物質が増加し、少しずつ発毛バランスに乱れが生じることが原因となるのです。ヘアサイクルには男性でおよそ4年程度の周期がありますが、発毛バランスに乱れが生じるとこの期間が急速に短くなり髪が成長する前に抜けるようになります。抜けるサイクルが早まると髪の総量を保てなくなるので薄毛となってしまうのです。神戸のヘアクリニックでは投薬治療によるAGAをおこなっています。投薬治療で用いられる薬は個人の症状に合わせて処方されるのが特徴で、治療ではおもにAGA治療薬として定評のあるフィナステリド系や驚異的な治療実績で注目を集めているデュタステリド系の薬で症状の進行をストップさせます。これらのフィナステリド系やデュタステリド系の薬は、服用から3ヶ月から6ヶ月程度で効果が実感できるなど即効性の高さが魅力です。神戸のヘアクリニックではさらに発毛を促すミノキシジル系の薬も併用します。ミノキシジルには頭皮の血管拡張作用があり、発毛力の衰えた毛母細胞を活性化することで強力に発毛を促進する作用を発揮する効果があります。神戸のヘアクリニックが取り組んでいる上記の治療は医学的根拠に基づいています。そのため医学による確かな治療アプローチが可能です。薄毛の症状に気づいたときは目を背けずに神戸のヘアクリニックで相談しましょう。