頭皮細胞を活性化

育毛

誰でも髪の毛が生えてくる

ハーグ治療を受けると髪の毛を作る細胞の働きが良くなるため、薄毛が改善します。ハーグ治療で細胞を活性化するのに用いられるのがヒト由来の成長因子です。成長因子は細胞を増殖させる働きがあるたんぱく質の事で、成長因子が多いと新陳代謝が良くなり細胞が老化するのを防ぐことができます。そのため毛根に髪の毛を作る力が残っていれば、ハーグ治療で髪の毛を増やすことが可能です。AGAが進行している場合や、加齢で髪の毛が少なくなっている場合でも治療効果がでます。特に若いと細胞が活性化しやすい傾向があるので、効果が早く出る傾向があります。10代でAGAを発症すると薬による治療を受けることができませんが、ハーグ治療なら早く薄毛を改善できます。また女性の薄毛にも効果的です。治療を受けた人の発毛率が99%を超える病院もあり、発毛効果もかなり高いと言えるでしょう。ハーグ治療の良いところは1度治療を終えたら以後は治療を受ける必要がない点です。薄毛治療は治療をやめてしまうと再び髪の毛が減ってしまうものが多いのですが、ハーグ治療の場合薄毛が改善したらその効果がずっと持続します。治療は3〜4週間ごとに行われ、頭皮の状態によって6回〜12回程度受ける必要があります。1回の治療時間は20分程度で、時間が短くてすむため仕事の休憩時間に治療を受けに行く人もいます。髪の毛が生えそろったら以後は病院に通う必要はなくなり、髪の毛のことを気にせず生活できるようになります。